アカポリアプラスって何?WHAT`S

> アカポリアプラスって何?

アカポリアプラスの詳細内容

お召し上がり方

食品ですので決まった摂り方はございません。1日目安量をお召し上がり下さい。

商品名

ACAPOLIA+(アカポリアプラス)

名称

アカシア樹皮抽出物含有食品

主原料

アカシア樹皮抽出物

配合物

アカシア樹皮抽出物、ビタミンE含有植物油、還元麦芽糖、セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、パントテン酸カルシウム、加工デンプン、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、シェラック、ビタミンA、葉酸、ビタミンB12、ビタミンD

栄養成分(6粒1,800mg当たり)

エネルギー 6.39kcal
たんぱく質 0.07g
脂質 0.06g
炭水化物 1.39g
ナトリウム 0.43mg
ビタミンA 122μg
ビタミンC 100mg
ビタミンE 16mg

アカシアとは

観賞用の花やアカシア蜂蜜で有名なアカシアですが、「アカシア」とは、植物分類学上のマメ科アカシア属の常緑樹の総称のことです。日本ではミモサと呼ばれることもありますが、これはイギリスでフランス南部から切花として輸入されたフサアカシアをMimosaと呼んだことからきたもので、本来Mimosaとはオジギソウ属の学名です。
一口にアカシア属といってもその種類は約1,000種類もあり、乾燥した亜熱帯から暖温帯にかけ、特にオーストラリア大陸に多くの種類が分布し、様々な用途に使われています。
例えば、アラビアゴムノキから採られるアラビアガムはガムシロップや切手の糊などに使われています。アフリカやオーストラリア原住民が若葉、若い豆の莢、また成熟した豆を食用に利用している例もあるそうです。(参考資料:世界有用植物辞典/平凡社(1989)ほか)
色々な用途に使われてとても身近なアカシア属の植物ですが、私たちは研究を重ねた結果、数多くのアカシア属からただ1種類のアカシアを、ACAPOLIAのためのポリフェノールを抽出する樹種として採用しました。

アカシア樹皮ポリフェノールとは

アカシア樹皮ポリフェノールとは、特に樹皮中のポリフェノールが良質で豊富なアカシア1種類を選定し、その樹皮から、化学薬品を使わず熱水で抽出した天然ポリフェノールです。 ポリフェノールというと赤ワインやお茶、ブルーベリーなどが有名ですが、アカシア樹皮ポリフェノールはプロアントシアニジンが主成分です。

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、同一分子内に2個以上のフェノール性水酸基をもつ化合物の総称で、多くの種類のポリフェノールが植物界に存在します。 ポリフェノールは5大栄養素や食物繊維に次ぐ成分としてポリフェノールの研究が進められ、ワインやブルーベリー、大豆など数多くのポリフェノールが話題となっています。 現在知られているポリフェノールの種類は4,000種とも7,000種ともいわれています。